遺産相続とは?

相続とは、人が亡くなったときに、その人の配偶者や子などが遺産(マイナス財産を含む)を引継ぐこと言います。この時、亡くなった故人のことを、「被相続人」と言い、遺産を引継ぐ人を「相続人」と言います。

相続人になれる人って?

相続人になれる人は、配偶者と次の順位の人です。
まず、一体誰が相続人なのかを確定することが必要になります。このとき重要なポイントは、遺言書が残っているかどうかです。
遺言書があり、そこに遺産の分割が記載されているときは、民法で決められた規定よりも優先されます。これは、亡くなった被相続人の意思を尊重しようという考え方があるからです。

1.(既に死亡している場合には、孫。孫も死亡している場合には、曾孫。)
2.(既に死亡している場合には、祖父母)
3.兄弟姉妹(既に死亡している場合には、甥姪。ここまで。)

なお、行方不明の相続人がいる場合には、消息が分からなくなってから7年経過していれば、家庭裁判所から失踪宣告を受けて、既に死亡しているものとして扱われます。7年経過していなければ、7年経過後に申請をして失踪宣告を受けます。

遺産分割って?

相続の場合、一体どれだけの遺産があるのかも、把握しておかなければなりません。
遺産には、預貯金、不動産、美術品などの他に、銀行へのローン返済なども全て含まれますので、これらを全てまとめた”財産目録”が必要になってきます。

相続人は、この財産目録を確認して、相続の方法を次の3つの中から、自由に選ぶことができます。

単純承認・・・遺産全てを相続
限定承認・・・条件付で遺産を相続
相続放棄・・・相続権を放棄して遺産を受け取らない

相続人全員で遺産分割協議をして、どのように配分するかを決めます。民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますが、この遺産分割協議の方を優先しています。

例えば、配偶者と長男、長女が相続人の場合、民法では配偶者2分の1、長男4分の1、長女4分の1の配分ですが、遺産分割協議によって配偶者が全て、遺産を相続することも可能です。

また、分割協議で合意できない場合は、家庭裁判所による遺産分割調停・審判で解決することになります。

相続の期限は?

遺産分割や名義変更に期限はありません。手続をしなければ、何十年たってもそのままです。
しかし、相続の放棄や税金の申告には期限があります。
これらに関係する人は、それぞれの期限内に手続を行なう必要があります。

■相続の放棄・限定承認 相続発生後3ヶ月以内 
■所得税・消費税の準確定申告 相続発生後4ヶ月以内 
■相続税の申告 相続発生後10ヶ月以内 

遺産分割を行わないまま、相続人が死亡した場合には、その遺産分割には、その相続人の相続人も、加わることになります。
これにより、遺産分割が難しくなります。従って、関係のない人も早めに手続をしておいた方が良いでしょう。

相続手続き 横浜を行なうなら横浜相続遺言相談センターにご相談下さい!
実績ある専門家と連携して相続に関する総合的なお手伝いをさせていただきます。

東京23区で相続専門の事務所を探す